腰痛と仙骨

腰痛と仙骨は関係があることを知っていますか。

ほとんどの腰痛は骨盤の歪みが原因ですが、骨盤でも仙骨の歪みが一番腰痛に影響があるそうです。

仙骨はどこにあるか分かりますか。

仙骨は身体の中心にあって上半身をささえているとても重要な骨のことで、家に例えると基礎のようなものです。

この仙骨で体重を左右に分散させているので、仙骨が歪むと身体のバランスが崩れて腰痛になってしまうのです。

慢性的な腰痛がある人も仙骨の歪みが影響していることが多いみたいですね。

ではどのようにすれば仙骨の歪みを治すことができるのでしょうか。

私が知っている自分でもできる簡単な歪みの見方は、両足を少し開いて伸ばすと足先が外側に開きます。

そのときに左右どちらか片方の足先が外側に開いていると、開いている方に歪んでいるということです。

私もたまにやっていますが、私の場合は左の足の方が歪んでいます。

左右どちらかが歪んでいるのがわかったら、今度は上向きに寝て歪んでいる膝を曲げて足先を手で掴みます。

膝の曲げる角度は、だいたい60度に曲げます。

注意としては膝を曲げた足は床から離さないようにして下さい。

あとはそのまま寝てるだけです。

最初は少し苦しいですが、慣れてくると気持ちよくなってきますよ。

やっぱり毎日続けることが大切です。

あとお尻歩きもいいですよね。

しかし腰痛は仙骨の歪みが原因がほとんどですが、内臓が悪くなっていることもあるので一度専門医の診察を受けた方がいいと思います。

仙骨の歪みを治して、腰痛を無くしましょう。
この記事へのコメント

腰が痛いのは辛いものです。
私も14年間悩まされました。

私が考案した腰痛解消法をお試しください。
現在、日本で一番多く実践されるようになりました。

【3分腰痛解消法】で、検索すると見つかります。
腰をお大事に。
Posted by 腰痛アドバイザー at 2010年05月23日 16:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119746003
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。